「BLOW BY BLOW」

a0028744_1133215.gifSIDE-A
1.You Know What I Mean
2.She's A Woman
3.Constipated Duck
4.Air Blower
5.Scatterbrain

SIDE-B
1.Cause We've Ended As Lovers
2.Thelonius
3.Freeway Jam
4.Diamond Dust

Jeff Beck 1975年作

今、40代前後のプロのロックギタリストで、このアルバムを知らないという人がいたら、私は、そのギタリストを認めません^^というくらいのアルバム。フュージョンというジャンルへのロック側からのアプローチとしての代表的な一枚だと思います。
Jeff Beckという人は、ギター少年だった私の永遠のヒーローであります。

A-2は、ビートルズの作品。
B-1とB-2は、ともにスティーヴィー・ワンダーの作曲であります。
とくに、「Cause We've Ended As Lovers」(邦題 哀しみの恋人たち)は、機会がありましたら、ぜひ一度お聴き頂きたい曲です。

短いですが試聴できます
こちらから

余談ですが、なんでこうもヘンテコな邦題をつけるんでしょうか?という見本のようなアルバムでもあります。題して

「ギター殺人者の凱旋」         (「殺人微笑」は、ヨン様か 更なる余談です 笑)

まっ、気持ちはわからないでもありませんが
これだけで、見向きもしない人が何人いたことやら^^      
[PR]

by pi-kan-pai | 2004-07-29 01:43 | 音楽