「氷の世界」

a0028744_1831162.jpg1.あかずの踏切り     8.心もよう     
2.はじまり         9.待ちぼうけ         
3.帰れない二人     10.桜三月散歩道       
4.チエちゃん        11.Fun
5.氷の世界        12.小春おばさん
6.白い一日        13.おやすみ
7.自己嫌悪(自主規制でカットされている場合有り)

井上陽水 1973年作

タイトルのごとく、まぁ冬は寒いに決まってるんですが、この数日、歌詞カード片手にスピッツの「スーベニア」を聴いているわけです^^。
歌詞カード見ながら歌をこんだけ聴くなんて久しぶりだナァ。そんな私が、マサムネさんの不思議な歌声を聴きつつ、不思議な歌詞を読みつつ、無性に聴きたくなったアルバム。

70年代当時は、歌謡曲全盛期。そして、チャートの隙間を埋めるようにフォークソングが流れていた時代。そんな中学生の頃、初めてフォークギターを買いました。コードを覚えて、アルペジオ覚えて、Fmには苦労したっけなぁ、なんて事を思い出したりします。
ギターを教えてくれた少し年上のお兄さんが聴いてたレコードが、これ。で、聴かされているうちに結局、私も買ったような気が・・・(笑)。

このアルバムが、フォークというカテゴリに入れられる事を、はげしく拒否したい(笑)住人が、ぜひ、若い人に一度は聞いてもらいたいと思う、一枚です。
[PR]

by pi-kan-pai | 2005-01-18 18:02 | 音楽